【個人事業主やフリーランス向け】専門性と魅力を伝える!みんなのClassRoom

▌想像してみてください!

「自分の専門性や魅力を伝えられる教室がある。そこには生徒がいる。そんなビジネスコミュニティ(ClassRoom)を運営している。そして、そこに100人のメンバーがいたら・・」。

そして、「そんなコミュニティが100あって、それぞれが連携できたなら・・」。

もしも、そんな世界を想像して直感的に「アリかも!」と感じたなら、やるべきことは明確です。

▌まず、自分のビジネスコミュニティを立ち上げよう!

リモート時代の到来とともに、オンラインとオフラインでは交流会やマッチングサービス、1to1の紹介サービスが急増しています。あなたもきっといくつか利用しているでしょう。

ここで少し立ち止まって、冷静に考えてみてください。参加している人は全員売り手です!

「全てのシャッターが開いている商店街なのに、お客さんが一人もいない!?」

想像してみてください。これでは、どんなに時間を割いたとしても効率よくビジネスができるはずがありません。
つまり、このような環境は「一人でも多くの人に認知してもらう、知らせる場」、マーケティングを実践する場なのです。

認知してくれた人たちの中で少しでも興味を示してくれた人、タイミングは今ではなくてもいずれ必要だ、と思ってくれるような人。そんな人たちをビジネスコミュニティに誘う。そして、時間をかけて自分の専門性や魅力を丁寧に、丹念を込めて伝える。
つまり、ビジネスコミュニティは、「専門性や魅力を伝えて、関係をつくる場」、ブランディングを実践する場なのです。

多くの人々は、熱心にマーケティングはしているのに、ブランディングはしていないのです。

ここで「ビジネスコミュニティ」を(勝手に!)定義します。

まず、人には「成長欲求」があります。これが縦軸の欲求です。
この欲求を満たすために、あなたの持っている専門性の高いノウハウを提供しましょう!
日々の情報配信やセミナー、勉強会、ワークショップなどを通じて必要性を理解してもらいます。専門性が高いほど、マネすることができないと理解してくれます。ここで生まれるのが需要です。

次に、人には「関係欲求」もあります。これは横軸の欲求です。
この欲求を満たすのが交流会やマッチングです。同じ興味のある者同士の交流会に参加したり、人脈づくりを支援してあげたりすることで、感謝や安心感、信頼を得ることができます。ここで生まれるのが信頼関係です。

縦軸に需要、横軸に関係が生まれれば、喜んで仕事を依頼してくれるようになります。
これがビジネスコミュニティを運営する意義といえます。

あなたも、自分のビジネスコミュニティを立ち上げてみませんか。

▌ビジネスコミュニティ立ち上げ運営支援料金表

「みんなのClassRoom」では、コミュニティ運営ツール「evawat」を使用します。

PR業界のはみだし先生 じんちゃんが
立ち上げから、ご自分で運営できるようになるまで伴走します!

▌「みんなのClassRoom」の概要

とはいえ、一人でコミュニティを運営するのは孤独なものです。
そこでコミュニティの運営仲間たちで協力、協業、提携などの取り組みを促進できるような仕組みも同時に立ち上げます。それが「みんなのClassRoom」です。先ほどの運営支援をご利用いただいている方だけの無料プログラムです。

専門性の高いサービスを提供している人は、自分のコミュニティの担任(先生)のような立場です。自分のビジネスを推進するためのビジネスコミュニティ(ClassRoom)を立ち上げる。それぞれのClassRoomには生徒が集っている。そのコミュニティ同士が協力、協業、提携することで、共に効率良く成長していくことができる環境を提供します。

▌各ビジネスコミュニティを連携させるためのプログラム(予定含む)

▌最後に

自分のコミュニティを「持っている人」と「持っていない人」に明確に分かれる時代を迎えようとしています。今が黎明期です。

乗り遅れる前に、あなたも! 今から! 自分のビジネスコミュニティを育ててみませんか?

前の記事へ 次の記事へ